タカラのキットにWAVEの頭部が付いた名作キットも「あっ!という間に20年以上の

月日が・・・・  放送当時の私「ろんぐ・ている」は中学生。生活環境の変化や部活

なのであまり見ていませんでした。(ストーリも地味で当時の自分には理解できなかった・・・)

しかし登場するメカは非常の衝撃的でした。
1/24のカーモデルや1/72(48)の飛行機を作り慣れていると非常に

多く感じるパーツ群。これからおきるパーツの整形とすり合せ

地獄・・・・・  今までびびっていましたが奮起し挑んでみます。
全体のパーツを仮組(1部は接着)しますがここまで

来るのにかなりの時間と労力を要します。

フォルムを確認します。

気になる点は「手(腕)が長いですね。 後はそのまま

でいきます。
腕を短くします。 上腕部で3ミリぐらい 腕で1ミリ

手首で1ミリ詰めます。
腰周りのアーマーは裏は「スカスカ」でダボだらけなので

エポパテで埋めておきます。
脚はチョットサミシイのでカッターやペーパーを

駆使し(大げさ?)し装甲が1枚ではなく複数を

表現しました。
首の根元はパテで溶接跡を表現。 その辺は模型雑誌でおなじみですね。

全体できにダルなので各所にエッチングソーで切れ目を入れシャープにしてあります。
平成20年2月12日 更新

平成20年2月26日 更新
リベット、 ボルト(ナット)大好き人間の私にはこの、

アイテムは欠かせません。

今回はWAVEのR・リベット(角)とコトブキヤの小型リベットを使用します。

余談ですがコトブキヤは漢字で壽屋だったのですね〜
こんな感じに取り付けていきます。

疲れますが、結構楽しい作業でした。
やっぱり銃口は開いてないとね!
肩と膝はパテをそのまま筆で塗り鋳造を表現。
スコープドック  レッドショルダー   1/24   WAVE (タカラ)